次元が違いました。

ベース科

塚田 将生さん

お名前と学年を教えてください。

塚田将生、ベース科1年です。

ウッドを選んだきっかけはなんですか?

中学1年でベースを始めて、地元の音楽教室に通っていたんですけど、もっと真剣に音楽に取り組みたくなって、父と一緒に音楽の出来る高校探しをしたんです。ネットでウッドのパンフレットを取り寄せて、読んでみたら「ここは本物だな」って思って、父と一緒に説明会に参加しました。

説明会はいかがでしたか?

講師の方がデモ演奏をしたんですけど、とにかく凄かったです! アレンジ、奏法…全てのレベルが高くて、その場その場の対応力に感動しました!地元のベース教室の先生もプロでしたが、もう次元が違いました。他の学校も一応チェックしてたんですが、迷うことなく「ここだ!」って確信しました。父的には学費が安いことも喜んでいました(笑)。

レッスンを受けるようになって、成長は実感されますか?

父に、「さまになってきたな」って言われました(笑)。丁寧に弾くようになったので、自分自身でも実感しています。今まで弾けなかった曲が、弾けるようになってすごくうれしいです。

音楽と学業は両立はできていますか?

僕、勉強苦手なんですけど、音楽9割、勉強1割で何とか大丈夫って感じです(笑)。

将来の夢は?

ずっと音楽に携わっていきたいです。バンドを組んでデビューするのが一番の目標ですが、それができなくてもサポートに入るとかベーシストとしてプロでやっていけたらと思っています。

最後に一言。

ここは音楽の技術や知識が確実に身につく学校です。また学校は凄く楽しいので、絶対お勧めです!『みんな待ってるぜ!』って感じです(笑)。

インタビュー一覧に戻る

TOP