高校資格と夢を共に追える素晴らしいコースだと思います。

ヴォーカル科

佐藤 凌一さん

佐藤さんは転入されたんですよね?

はい!高校2年生の最初のタイミングで来ました。

転入の理由を教えてください。

全日制の高校に通っていた時に「のど自慢大会」があって準グランプリになりました。しかし、グランプリでないことがすごく悔しくて、歌を本格的にやるためにウェルネス高校に転入しました。

上京して来られたんですよね?

そうです!静岡から来ました!歌をやるにはやっぱり「東京じゃないと」っていうのがあって、それで上京を決意しました。

なぜウッド高等部を選んだのですか?

学校説明会に参加したら、講師の方々やスタッフさんがとにかく明るくて!先生と生徒の距離が全然無くて、ともて居心地良かったです。そんなところに惹かれました。

音楽中心の高校生活はいかがですか?

ウッド全日制の中に高等部がありますので、音楽経験豊かな先輩がたくさん居てとても刺激になります。でも、フレンドリーな人たちばかりで本当に毎日楽しいです。レッスンも先生たちが話しやすい雰囲気を作ってくださるので、気軽に質問させてもらっています。とても充実していると思います。

学校環境はどうですか?

レッスン室が多いので自主練がたくさんできます。練習はすごく大事なので非常にいい環境だと思います。

ズバリ将来の夢は?

上京してきたからには絶対歌手になります!

最後に後輩たちに向けて何か一言ください。

高校生は両親に通わせてもらっている立場なので、自分の夢を追いながら高校卒業資格もしっかり取得しないといけないと思います。それが実現できるウッド高等部は素晴らしいコースだと思います。

インタビュー一覧に戻る

TOP