デビューの心構えを学ぶことができるのが良いです!

ヴォーカル科

中野 七海さん

中野さんの学年を教えてください。

今年ウッド高等部に入学した高校一年生です。

ウッド高等部に入学した理由は?

メジャーデビューする!という夢を実現させるためです。絵が好きだったので、最初は美大の付属高校に行こうかなって考えていました。でも音楽も大好きで、いろいろ悩んだんですけど音楽を選びました。

入学前の音楽経験は?

中学では合唱部に入っていました。合唱とPOPSでは歌い方が違うんですが、共通するところも多いのでそこも活かしています。

高校の勉強はちゃんとやっていますか?

毎日レポートをウッドと家でやっています。好きな科目は英語と理科です。得意じゃないのは、先生には悪いのですが数学と社会です(笑)。(※ウェルネス高校の数学教員は、ウッドのデビュー担当の菊地先生が担当しています。)

音楽の授業はどうですか?

好きな授業は歌関係の全部です。その他、スコアライティングやポピュラー音楽史の授業もとっても楽しいです。 ギターも習っているので、音楽の幅がどんどん広がっていきます。

ウッド高等部の良いところは?

高校生だけでなく大人の方たちも多く、高校生特有の面倒くさいことがなくて伸び伸びとヴォーカルを勉強できます。また、授業以外にもいろいろなイベントがあります。遊びのイベントなんかもとても楽しいのですが、私にとってもっと重要なのはデビューの心構えを学ぶことができるイベントです。今日も大きな音楽事務所の人がウッドに来て、いろいろなことを話してくださいました。

デビューについての心構えも学べるんですか?

もちろん。デビュー担当の先生はいつも「自分の目標の姿を常に想像しなさい」って。これってとても大切なことだと思います。ウッドはデビューした先輩が周りにたくさんいるので、その先輩を見ながら将来の自分の姿を想像できます。やはり、そういうことはメジャーデビューを真剣に目指せる学校じゃないと無理なことだと思います。

ウッド高等部に入学を考えている方に何かアドバイスを。

音楽の道に進もうとすると、悩みや不安がいっぱいあると思います。でも自分でピンと直感で感じたことが一番大事だと思います。私も「ウッドに行きたい!」って直感で思ったから。そして説明会に親と一緒に行って自分の肌で感じることです。 入学したら、成功するかどうかは分からなくても一生懸命頑張ることです。ウッドの先生やスタッフはとても親切なので心強いですよ。 やっぱり、メジャーデビューした先輩がたくさんいることが、自分の目標を見失わずに頑張れる原動力になります。

インタビュー一覧に戻る

TOP